ZOOM R8で宅録するべさ日記

ZOOM R8 で、自宅録音するまでの、初心者向け取扱説明書です。全てマニュアルに書いてあるんですが^_^;どなたかも書かれていた通り、マニュアル読んでも分からないことって多いんですよね。ってゆふか、チンプンカンプンなんですよ。なので、自分への頭の整理と、多分、暫く経ったら忘れてる自分への、判りやすい解説書を、作っちゃえ!というものです。

譜面なさい

譜面なさい、、、

じゃなくて、御免なさい。。ですね

「五線譜」
それは。世界共通言語、なんですよね。
知らない者同士が、
其の、譜面を、
手に持った瞬間、

メロディーが、ハーモニーを奏でるのだ。

なんちゃって

あの、
新曲(勿論、誰も知らないオリジナル曲)
に、イントロイメージを、追加したいので、
「ちょっと弾いてみて」と、
音楽仲間に、
手書きの譜面を渡した処、、、

「これじゃぁ〜、弾けないわ」と、
返されてしまいました。

なんでやねん。

曰く、
「基本的な、譜面の書き方が間違っている」
とのこと。
例えば、、
●四分の2拍子なの?
●四分の4拍子なの!?
●ごちゃ混ぜな、譜面に
●音符が適当
●ギターコードあってる?
●ピアノ用無いの?(有るわけないっしょ

でした

で、
感覚的に弾いているギターリスト達(失礼)に比べると、
しっかりした譜面通りに再現するピアニストの、違いなのか!?と、感じました。

昔、ギター担当の相方に、「こんな感じ」で
って、デモ版のアカペラmp3渡したら、「OK」で、曲、作ってました( ̄∀ ̄)

ふふっ、
自称ギタリストの彼は、
天才だったのかしらん。

と、ゆふ訳で、

いま、譜面の書き方を、
勉強中です。

なんと、
「すべての譜面は、
4つの タ でできているのですね」

つづく