読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZOOM R8で宅録するべさ日記

ZOOM R8 で、自宅録音するまでの、初心者向け取扱説明書です。全てマニュアルに書いてあるんですが^_^;どなたかも書かれていた通り、マニュアル読んでも分からないことって多いんですよね。ってゆふか、チンプンカンプンなんですよ。なので、自分への頭の整理と、多分、暫く経ったら忘れてる自分への、判りやすい解説書を、作っちゃえ!というものです。

トラック増やしてみたの巻

SONAR7のトラック増やしの巻です



SONARには、MIDIトラック用に、
スタート当初からの名機が
標準装備されています。

TTS-1

単品で買うと¥20,000円
するらしいのですが、

SONARには標準装備で付いてますので、
使わないと損、ですよね。

で、

いままで、本気で、
使ったことが無かったので
今回は、プラグインシンセを、
使い倒してみようと思います。

で、でー、
前回、打ち込んだMIDI用のピアノ伴奏を
トラックコピーして、

からの、

プラグインシンセサイザーの指定楽器を
変えてみました。

写真の上が、
CH2:steel guitar
CH3:organ

ちなみに、
CH1:piano
に、
なっています。

カラクリは、
写真右のTTS-1のCH表示を見ると分かります。

って、

マニュルアルには、なんだか、
どこにも書いて ないので、

CH指定を、何処で、どーやって
登録するのかは、
インターネットの、検索で、
調べました。

改めて。写真で確認してください。

左下の[ALL]表示にすると、
[I]インプット
[O]アウトプット
[CH]チャネル指定
が現れます

今回は、

[I]インプット
[O]TTS-1
[CH]2ch TTS-1
CH2:steel guitar

[I]インプット
[O]TTS-1
[CH]3ch TTS-1
CH3:organ

指定に、なります。

これで、
トラックの複写と合わせて、
マルチトラックの完成に、
少し近づきました。

が、

最後はセンス。
音楽に正しい足し算は無いので、
トラックを増やしても、
素敵なメロディに成るのかは、
別の、お話です(笑い)

つづく