ZOOM R8で宅録するべさ日記

ZOOM R8 で、自宅録音するまでの、初心者向け取扱説明書です。全てマニュアルに書いてあるんですが^_^;どなたかも書かれていた通り、マニュアル読んでも分からないことって多いんですよね。ってゆふか、チンプンカンプンなんですよ。なので、自分への頭の整理と、多分、暫く経ったら忘れてる自分への、判りやすい解説書を、作っちゃえ!というものです。

四年に一度の(番外編2)

 

f:id:heyheymitchy:20180220082532j:image

 

オリンピック

 

出場選手にとっては、
4年前からの長い準備期間。

いえいえ、、待ちに待った1460日。

そして、

運命の一日。

 

でも、

 

オーディエンスに、とっては、

「メダル」

「色は」

日本人は、、


今更、参加することに意義がある
とか言いませんけどね。


騒ぎ方が、おかしいよ。


メダルの色は、
後から付いて来るもんなんだから


ってゆふか、
外国人、強すぎ。


特に、冬の大会は、
やっぱりあの国には勝てない。


でも、

スポーツを、愛する心と魂はおなじ。


昔、アルペンの様な事を
やって居た時に、、
(北国の外れで)

「誰よりも早く」「一番はやく」

よりは、

「今日の滑り気持ちよかった」
「もっと違うゲレンデを滑ってみたい」

と、、思ってました。

中学に入り、冬は本格的に、
競技の方へ!?と思っていた矢先に、
視力が落ち始め、眼鏡仕様
となってからは、
次のポールが瞬時に確認できなくなり、
雪の凹凸が判り辛くなり、
スピードが怖くなってしまいました。

引退です( ̄∀ ̄)

いや、眼鏡仕様で活躍している選手は世界中に沢山居ますけどね^_^私の場合は、、、
でした。

其の後、基礎スキーの世界にもいこうとしましたが(此処からは言い訳ですが)天才でもなんでもない一般人がスキー場通いをするのは時間的にも金銭的にも続かず、気づくと、
時間と酒とヲンナに溺れてました🍶
そして現在に至る。

でなくて(笑い)

戻しましょう、、

オリンピック

全ての競技に参加されたアスリートの皆様お疲れ様でした。休んでください。

あっ、

オリンピックに持ち込まれた、
政治と放映権の問題は、
オトナの反省材料と宿題ですね。

誰の為の、オリンピック!?


でした


四年後に続く