ZOOM R8で宅録するべさ日記

ZOOM R8 で、自宅録音するまでの、初心者向け取扱説明書です。全てマニュアルに書いてあるんですが^_^;どなたかも書かれていた通り、マニュアル読んでも分からないことって多いんですよね。ってゆふか、チンプンカンプンなんですよ。なので、自分への頭の整理と、多分、暫く経ったら忘れてる自分への、判りやすい解説書を、作っちゃえ!というものです。

ネタバレにつき、、、

「手紙」




ネタバレなので、
まだ読んでない&結末を知りたくない方は、

今すぐ、
「戻る」ボタンで別のブログをご覧ください。






、、








ほいの






ほい、




ほいさの






さ、





なんださか、







まさか、、




今度こそ











で、






ですよねー。





はい。
ネタバレです。


東野圭吾「手紙」

この物語は、
殺人犯の兄が弟に送る「手紙」です




そして、



そのストーリーは考えもしませんでした
( ̄▽ ̄)


然も、


殺人犯が世間から非難されるのは
予定調和


としても



その家族
(加害者の家族)にも






普通の人々が
これでもかこれでもかと、
排除しようとする



そして
排除される弟には
一点の非も無いのに



get out !




更には、
その家族




そしてその子供にも




レッテルを貼り続ける



そして、、



それは受け容れなければいけない
(一生、、)



、、




だって、

其の、排除する側にも
生活が有り、



なるべく、関わりたくない、
近くに欲しくない、、

できれば、居なくなってほしい


(と、思う人もいます)


其れは、悪いこと!?
自分の家族を守ることが、、




いや、
その反対側の(殺人犯の兄弟の)
家族を守ることが、、、



です。



結局、

「本」なので、
読み終わったらリアル現実が在る訳で

どこまで、感想で、
何処からが解放なんですか、
とゆう話になると思いますが









感想を伝えると、




「真っ当に生きましょう」



ですかね。



そして、

冷たいですが、



加害者も、
被害者も、

受け入れるしかありません



残念ながら
世間は優しくないです


特に、最近は、

正義

とゆう暴力が、


市民権を得ています。




其れはもうだれにも
止められませんけら


でも、






本当に住みにくい、


こんな時代だからこそ、



、、



温かい気持ちになれないものか



だって、

家族も

も、被害者なんですよ
(いや世の中は、「加害者の家族」とゆうレッテルを貼る)




、、












罪を償う
ってゆうよね。


、、


償うってなに?!



死刑制度の問題や、無期懲役
色々有るけど、


本当に悪いことをした者には、



「市中引き回しの上、打ち首、獄門。」



です


その家族には及ばないように

終わりにしなさいと。





、、




昔も、あったんだろうね

「あそこの家族は、○●の弟らしいぞ」



つづく